消費者金融でかかる利息とは?

消費者金融でかかる利息とは?

消費者金融からお金を借りると、「利息」を支払う必要があります。この利息は、お金を借りている期間中ずっと支払わなければいけませんがどのくらい支払う必要があるのでしょうか?

利息の計算方法とは?

お金を借りている期間中に発生する利息は、どのように自分で計算することができるでしょうか?
その計算方法とは、「利息 = 利用残高 × 実質年率 ÷ 365 × 利用日数」となっています。
たとえば、10万円を実質年利18%で、30日間借りた場合は、10万円×18%(0.18)÷365日×30日で、1,480円となります。
     30万円を実質年率18%で、30日間借りた場合は、30万円×18%(0.18)÷365日×30日で、4,438円となります。
借りたお金に金利をかけて、365日で割って30日をかけるという計算方法で利息を知ることができます。

総支払利息の計算方法とは?

1年間返済し続けた時の総支払利息を知るには、12回計算をする必要があります。
最初の月の利息は、借りた金額×年利%÷365日×1カ月(30日または31日)=1か月分の利息を計算し、翌月以降は、(借りた金額-返済額)×年利%÷365日×1カ月を12回繰り返して計算することができます。
キャッシングを取り扱っている金融機関のホームページのシミュレーターえを利用するなら、確実で迅速な計算をすることができるのでおすすめです。

借入れ金額が増えると毎月の返済に占める利息の割合は増えていきます。借入をする場合は、よく計画を立てておこないましょう。

審査が甘い借りやすい消費者金融!選び方3つのポイントはこちら